椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 身体表現性障害
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

身体表現性障害

症状や特徴 身体表現性障害

身体表現性障害は、疼痛や胃腸症状、神経学的な症状がある
 身体表現性障害は、疼痛や胃腸症状、神経学的な症状がある一方、その症状の原因となる身体的な所見や異常が見つからないことが特徴です。

 心のストレスを原因として、多様な症状を呈することがあります。頭痛や腰痛等が生じ、周囲からも見ると患者様は激痛で苦しんおられ、「これはどこか身体の異常があるのに」違いないと思います。しかし、内科や整形外科等に通っても身体の異常がないということで、患者様ご自身も周囲も困ってしまうことがあります。

当院での治療方針 身体表現性障害

 患者様は多くの診療科を受診して、「異常はない」、「問題ない」と診断され、困って来院されることが多い状況です。しかし、患者様が感じておられる痛み訴えの症状は事実存在するわけですから、まずは症状を理解してお話を伺い、一緒に診断や治療を考えていくという方法をとります。

 ただ、身体表現性障害と思い込んでしまうと、実は他の病気が隠れていたという場合もありますので(特に他科に受診されていない場合)、本当に身体的疾患が隠れていないか、当院で可能な検査を実施させていただくこともあります。そして、身体的疾患の可能性がある場合には、専門の診療科にご紹介させていただきます。

 身体的疾患の可能性がないと判断できる場合は、心療内科的な治療を行うことになりますが、特に疼痛性の障害の場合には、デュロキセチン(サインバルタ)等のSNRIを処方することもあります。

生活上の注意 身体表現性障害

 身体表現性障害に限らないことですが、精神疾患の分野では、病気や症状に対する患者様ご本人と周囲との間に、理解の齟齬が生じる、認識の共有ができないことがあり、それが往々にして病気や症状そのものを悪化させてしまうことがあります。

 身体表現性障害の患者様は、多くの場合、内科や外科、時には整形外科や耳鼻科、脳神経外科等に複数の診療科への受診を繰り返されていますが、そこから「異常はありません。」と突き放されてしまうことにより、症状がより多彩になって悪くなってしまいます。

 患者様と家族の間も同様であり、家族は「身体的な病気ではない」と思いこんだ瞬間、時には「大したことはない」、「本人の甘えなのではないか」と考え、そういう素振りが知らず知らずのうちに患者様に伝わり、症状が悪化してしまうということもあります。

 しかし、患者様ご本人がその病気で苦しみ、症状で辛い思いをされているのは事実なのです。日常生活では、症状による辛い思いや、そのために生活が困難になっていることに対して、医療関係者はもちろんのこと、周囲の家族や職場の同僚、友人等が共有できればと考えています。

 その中で、患者様自身や周囲の方々が、症状が悪くなる原因や状況、逆に症状が良くなる原因や状況を明らかにしながら、主治医との診察を通じて、症状が軽くなるような行動を促していくことが大切です。




千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから