椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 認知症
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

認知症

症状や特徴 認知症

認知症は、
 認知症は、正常に発達した知能が脳の後天的な障害によって、正常なレベル以下に低下した状態であり、もともと知能の発達が悪い場合や統合失調症、うつ病、記憶障害を主症状とするいわゆる健忘とは区別されます。

 記憶障害を中心として、言葉の障害、運動機能が正常であるにも関わらず動作を実行する能力の障害、感覚機能が正常であるにも関わらず対象を認識する能力の障害、計画を立てたり組織化したり順序立てたりすることができない状態等の症状がでてきます。
 また、興奮、攻撃性、衝動性、焦燥、徘徊等の心理・行動症状(BPSD:Behavioral and Psychological Symptoms od Dementia)が生じることがあります。

 認知症の原因として、脳血管疾患とアルツハイマー病が有名です。脳血管疾患によるものは、脳血管の広い範囲で梗塞や軟化があり、これらの範囲が広がっていくことによって、認知症の症状が出現するようになります。

 アルツハイマー病は原因は不明ですが、老人斑を構成するアミロイドが病理学的に特徴であり、原因との関係が強く考えられています。

当院での治療方針 認知症

 外来や往診の際には、診察時の話のやりとりのに加え、長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)を用いて症状を把握することがあります。認知症はその原因が様々であり、その鑑別診断とともに介入によって改善の見込める治療可能な認知症を見逃さないにも注意しています。

 治療薬として用いられるものは、基本的にアルツハイマー病に対するものです。脳血管疾患によるものは、脳血管障害の治療薬はありますが、脳血管性の認知症そのものを対象にする薬はありません。

 アルツハイマー病の場合には、ドネペジル(アリセプト)を用いることがありますが、対症療法的なものと言えます。進行を多少なりとも遅くすることはできますが、認知症を治癒にもっていくものではありません。

 前記したBPSDに対しては、基本的にはケアや環境の調整で対応し、それでも難しい場合に限って薬物療法を試みることもあります。低用量の非定型抗精神病薬を用いる場合もありますが、漢方薬である抑肝散を用いることもあります。

 したがって、当院では薬物療法を行うこともありますが、回想法(患者様に比較的保たれている昔からの記憶を活かしたり、その経験や思いを尊重する等の方法)を用いることがあります。

 また当クリニックでは、精神科デイケア(ショートケア)を併設しており、認知症患者様の日常生活リズムの回復や日中の居場所づくり、生活支援等を行いながら、介護者の負担を軽減しながら、ご本人らしさを活かしていく方法を講じることとしています。

生活上の注意 認知症

 認知症は早期に発見し早期に治療することが重要です。様々な認知症の原因の中には、早期に発見することにより、治療や認知症の予防が可能になるものもあります。

 アルツハイマー病の場合でも、前記したドネジベル(アリセプト)を早い段階で使用すること、一定の期間にかなりの効果が見られることがあると言われています。

 また食事と運動も大切です。ビタミンEやビタミンC等の抗酸化物質の摂取や魚に含まれるω3系の長鎖不飽和脂肪酸の摂取は、認知機能に対してもよい影響をもたらすと言われています。

 運動も効果的です。運動はアルツハイマー病に対して防御因子となるとともに、脳血管に対しても脳血流の増加といった効果をもたらすことができます。


千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから