椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気 治療法) 双極性障害(躁うつ病)
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

双極性障害(躁うつ病)

症状や特徴 双極性障害

躁うつ病と呼ばれることが多かったようですが、最近は双極性障害と呼びます
 かつては躁うつ病と呼ばれることが多かったようですが、最近は双極性障害と呼びます。経過の中で、躁病相とうつ病相の両方の症状を呈します。うつ病相での症状は、基本的にうつ病と同じ症状です。

 躁病相の症状は、睡眠時間が減って夜中の行動が多くなる、次々とアイデアが浮かぶ、爽快感や幸せな気持ちになる、カード等で高額な買い物をしてしまう、自尊心が大きくなったり誇大妄想等が見られ、感情の高揚を中心として、思考・意欲・行動の各面において抑制が効かない状態を呈します。

 双極性障害には、典型的な躁病エピソードとうつ症状を呈する双極Ⅰ型障害と、軽躁状態とうつ状態を呈する双極Ⅱ型障害に分けられます。

当院での治療方針 双極性障害

 躁状態の場合には、患者様は気分が高揚して病識がなくなり、薬をしっかりと服用されないことが多くなります。したがって、日常の診療の中で、患者様と主治医の信頼関係をしっかりと構築しておくことが重要であり、精神状態が悪化したときには、この信頼関係が出来ているか否かが重要な鍵となります。

 薬物療法としては、躁病相の場合は炭酸リチウム(リーマス)とオランザピン(ジプレキサ)、アリピプラゾール(エビリファイ)等の抗精神病薬を中心に処方することになります。

 うつ病相の場合は炭酸リチウム(リーマス)とラモトリギン(ラミクタール)、バルブロ酸ナトリウム(デパケン)、ラモトリギン(ラミクタール)等の気分安定薬について、併用に注意しながら処方することになります。ただ、これらの薬剤(特に炭酸リチウム)は血中の薬物濃度を定期的に測定しながら処方することになります。

 ラモトリギン(ラミクタール)は、うつ病相での抗うつ効果や再発防止効果がありますが、皮膚や粘膜の病変が出現することもあるので、少量から慎重に用いることになります。興奮等が強いときには、オランザピン(ジプレキサ)等の抗精神病薬を用いることもあります。

 うつ病に比べて双極性障害のうつ病相の方が薬の効き目が弱いことが多いようです。また躁病相に転換する危険性もあることから、使用中は十分に注意して、躁転の兆しがあれば、すぐに抗うつ薬を減量・中止します。

 双極性障害は、再発しやすいという特徴があります。再発を繰り返すほど、症状は激しくなることから、双極性障害の治療では、病気のコントロールが最重要課題となります。

生活上の注意 双極性障害

 双極性障害は、生活のリズムが崩れてしまう病気です。特に、夜に元気になって徹夜をしても平気だということが起こり得ます。さらに睡眠の安定に加えて、1日3回の食事や軽い運動等、生活習慣にリズムをもって自分なりの生活を作っていくことが大切です。この自分なりの生活が定着してくると、再発の兆しが本人や家族等の周囲も早く気が付くことができます。

 そして、双極性障害の治療に当たっては、患者様自身が主体的に治療や再発予防に取り組んでいただくことが重要です。双極性障害という病気を受け入れ、服薬の必要性を理解していただくことが、病気をうまくコントロールしていくためのポイントとなります。



千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから