椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 自律神経失調症
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

自律神経失調症

症状や特徴 自律神経失調症

自律神経系の様々な症状がある場合で、他の原因が明らかではない時に自律神経失調症とつけられる
 私たちが日常生活の中で、よく聞く病名ですが、明確な診断基準や疾患の概念はありません。自律神経系の様々な症状がある場合で、他の原因が明らかではない時に自律神経失調症とつけられることが多い状況です。心療内科等に受診される患者さんに多くみられる傾向があります。

 自律神経は、運動神経とは異なり、自分自身ではコントロールできなくて、体調に合わせて自動的に作動する神経です。自律神経は活動する神経といわれる『交感神経』と、休む神経といわれる『副交感神経』の二つに分類され、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。この交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより、動悸やめまい、頭痛、下痢、憂鬱感、発汗などの様々な症状がでます。

 自律神経のバランスが崩れる場合には、いくつかの原因がからみあっていることが多く、生活リズムの乱れ、ストレス、環境の変化、女性ホルモンの影響等が関係していると言われています。但し、「自律神経失調症」と思い込んで他の病気の早期発見を逃してしまうケースもありますので、注意することが必要です。

当院での治療方法 自律神経失調症

 当クリニックにお見えになった患者様で自律神経失調症が疑われる方に対しては、他の病気があるかも知れないとの前提で診療を行います。

 そのため、必要な場合には血液検査を行うこともありますし、また他の医療機関の受診をお勧めすることもあります。そして、他の病気の可能性が少ないと考えられる場合には、患者様の症状に応じて、身体面と精神面の両面に働きかけながら治療を進めます。

 もちろん、必要に応じて症状を軽減するための自律神経調整薬や抗不安薬、漢方薬を使用することもあります。ただ、やはり生活環境の改善、体質や性格、ライフスタイルの見直しについても、可能なものから始めていただくよう、相談させていただきます。また食事の内容がとても大切であり、食生活の改善について相談させていただきます。

生活上の注意 自律神経失調症

自律神経調整薬や抗不安薬、漢方薬を使用することもあります
 自律神経の中で、仕事が忙しいときは交感神経が活発になり、睡眠や休養するときは副交感神経が活発になります。したがって、生活習慣が夜型になったり、食事の時間が崩れる等生活リズムが崩れると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、上記のような症状がでることがあります。生活リズムを整え、また夜の睡眠をしっかりと確保することが重要です。

 また栄養バランスのとれた食事をとることが大切であり、ビタミンやミネラルが不足しないように、注意して野菜や果物を食べることも大切です。

 その他、ストレス解消に向けた運動も重要ですが、決して無理な運動とならないよう、軽いウォーキングから始められるのがよいでしょう。また自分が楽しめる時間を作ることも重要です。趣味でも遊びでもストレス発散に工夫してみましょう。

千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから