椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 不眠症(睡眠障害)
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

不眠症(睡眠障害)

症状や特徴 不眠症

不眠症とは、 不眠症とは、①入眠困難、②中途覚醒、③早期覚醒、④熟睡感の低下の症状のいずれか又は複数が「週2回以上、1カ月以上」持続する状態であり、さらに不眠のために辛く感じたり、社会生活上のリズムや機能がうまくいっていない場合を言います。不眠症は睡眠障害の一つと言うことができます。

 原因として、身体的な疾患によるものもありますが、多くはストレスがあったり、精神科領域の疾患(うつ病や不安障害等)の初期症状としてもみられることが多い状況です。

 診断する際には、①生活リズムに問題はないか、②昼寝をしていないか、③実際の睡眠時間はどれくらいか、④睡眠時無呼吸はないか等がポイントとなります。

当院での治療方法 不眠症

 不眠症そのものが病気や原因ではなく、不眠の状態を来しているもともとの病気や原因の治療・改善が不可欠になります。

 当クリニックでは、まず患者様のお話を伺い、不眠の状態を生じさせている原因を明らかにしていきます。その上で、他のメンタル疾患の一つの症状の表れとして不眠が生じている場合には、そのメンタル疾患の治療と合わせ、不眠を改善していくためのお薬を使う場合もあります。

 前述した入眠困難、中途覚醒、早期覚醒、熟睡感の低下といった特徴に合わせ、お薬も寝つきの改善に主眼を置いたものから、一度眠ってからの途中覚醒の改善に主眼を置いたもの等、患者様の症状に合わせて処方していきます。患者様のご希望に応じて、漢方薬を処方することもあります。若い方で深夜遅くまでPCやスマホ等を操作されて不眠が生じている睡眠相後退症候群のような場合には、メラトニンを同じ効果で睡眠を促す薬剤であるラメルテオン(ロゼレム)の使用の考えらます。

 当クリニックでは、不眠症にお薬を使う場合でも、患者様と相談しながら、弱めのお薬から始め、また習慣にならないような服用の仕方に配慮してまいります。

生活上の注意 不眠症

不眠症に対して、 不眠症に対して、お薬を使うことは有効な場合が多いですが、お薬の終了、すなわり治療の終着駅を視野に入れて、お薬を服用しているときから日常生活の改善を始めることが重要です。またそもそも不眠症の原因が日常生活上のリズムの崩れ等に起因していることもあり、不眠の改善には生活上の注意や改善が不可欠となります。

 具体的な注意点としては、生活リズムを規則正しくしていくことが重要であるとよく言われますが、睡眠時間や生活スタイルは人それぞれで違います。お仕事によっては、日中眠って夜に仕事をされるという方もおられると思います。

 したがって、就寝時間にはあまりこだわらず眠たくなったら床に就くという考えをもつことも大切です。仕事等で毎日で就寝できる時間が同じであれば、毎日同じ時間を決めた方がよいと思われます。但し、深夜のお仕事の場合は日中の決めた時間を守る方がよいと思います。

 また眠る2時間前くらいからは、自分なりのリラックス方法を工夫していただき、刺激物を避けることが重要です。これは食べ物や飲み物に限らず、テレビやPC、スマホにも同じことが言えます。

 食事は規則正しくできれば3度の食事、日中に太陽の光を浴びたり規則的な運動習慣を身に着けることも大切です。またお酒を飲んで眠ろうとする方がおられるかと思いますが、これは逆効果です。睡眠薬代わりの寝酒は熟睡の妨げや途中覚醒を起こし、不眠の原因となってしまいます。




千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから