椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 心身症
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

心身症

症状や特徴 心身症

心身症を難しい定義でいうと
 心身症を難しい定義でいうと、「身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」となります。

 難しくてよくわかりませんね。もう少し噛み砕いて考えると次のようになります。人の心と体はお互いに影響を及ぼしあい深くつながっています。身体の症状や障害があって、一見身体の病気だと考えられるものの中には、原因や悪化要因として、職場等の社会的要因や性格等の心理的要因が大きく関わっているものがあり、それらを心身症と総称しているわけです。

 心身症は、様々な臓器の症状を表す可能性があり、患者様はまずその症状が現れた診療科を受診されます。しかし、その診療科で身体的な治療が行われても、原因に心の問題があるわけですから、なかなかよくならないのです。このような場合に、身体的な治療と合わせて、心の問題を治療することにより、症状や病態の改善が期待されます。

 心身症というと、よく神経症やノイローゼと混同されることがあります。広い意味では心の病気と言えますが、心が関与する身体的疾患の名称であり、基本は身体の病気です。代表的な疾患例としては、循環器系では高血圧、呼吸器系では過換気症候群、消化器系では過敏性腸症候群等が挙げられます。

当院での治療方針 心身症

 上記に記載した通り、基本的には身体の病気であることから身体的療法が基本となりますが、その原因や悪化要因を除去・軽減するために、心療内科的治療を行います。ストレスが関与している場合にはそのストレス軽減に向けた相談、さらに必要に応じて、エスシタロプラム(レクサプロ)やセルトライン(ジェイゾロフト)等のSSRIやデュロキセチン(サインバルタ)等のSNRIといった抗うつ薬やロフラゼプ酸エチル(メイラックス)等の抗不安薬を少量使用することもあります。

 薬剤を使う場合とは、心身症の身体的な症状と合併して生じる不安や抑うつ状態を改善し、「身体症状⇒心の症状⇒身体症状の悪化」という悪循環を断ち切るときが考えられます。

 いずれにしても、心身症には、身体的な症状に対する適切な治療を行うとともに、発症や症状に影響している心理面の治療を行いますが、患者様と医師の信頼関係がとても重要と言えます。

生活上の注意 心身症

 心身症の発症や悪化、さらには治療への抵抗要因として大きなものがストレスであり、日常生活上のストレス対策が重要となります。人はそれぞれ、仕事や人間関係等で様々なストレスを抱えて生活していますが、ストレスの感じ方は個人差が大きく、その差をストレス耐性とか言ったりします。

 ストレス耐性には、その人の性格や置かれている環境等に影響されます。例えば環境面では、上司や同僚・友人、場合によっては主治医等、相談相手や心の支えになってくれる人がいると、安心できたり心強く感じてストレス耐性は高まります。

 また食生活も重要です。1日3回の規則正しい食事で、バランスよく食事内容を食べるということが基本ですが、さらには、ビタミン類(特にビタミンC、ビタミンB1、ビタミンE)等の適量摂取も効果がある場合があります。


千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから