椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 強迫性障害
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

強迫性障害

症状や特徴 強迫性障害

強迫性障害とは、
 強迫性障害とは、患者様自身が不合理であると理解しながら、繰り返して生じる考え(強迫観念)があり、それを打ち消そうとする行動(強迫行為)から構成される不安障害です。そして、止めようとするとより強い不安感が生じるのが特徴です。

 強迫観念や強迫行為は、統合失調症やうつ病等でも生じることがありますが、強迫性障害では、本人自身が「それは不合理であるとわかっていても止められない」というのが特徴です。例えば、何回も手を洗う(不潔強迫)、戸締りを確認する(確認強迫)が代表的ですが、これらは、「自分の手が汚れている」、「戸締りをしなかった」という強迫観念に対する強迫行為であるということができます。

当院での治療方針 強迫性障害

 強迫性障害の治療としては、薬物療法と認知行動療法が挙げられます。薬物療法では、フルボキサシン(ルボックス、デプロメール)やパロキセチン(パキシル)といったSSRIを主に、抗不安薬を補助的に用いることが多いですが、用量的には通常のうつ病に比べて多く必要とすることが多いようです。

 また認知行動療法の中には、強迫行為を生じるような状況を意図的に作った上で、その強迫行為を自分自身が抑制しようとする方法があります。ただ、この方法は患者様自身が不安感や不快感に立ち向かっていく必要があり、薬物療法を経てから実施した方がよいと考えています。

生活上の注意 強迫性障害

 強迫性障害の悪循環、すなわち何等かの強迫観念と生じて、それを打ち消そうとして強迫行為を行うという悪循環の中に入りこまないことが症状の改善や再発防止に重要です。

 私たちは、毎日の生活の中で様々な不安やストレスを感じます。その不安やストレスをゼロにしなければならないと思いこんでしまうと大変です。

 不安やストレスは、ゼロにならなくても、時間の経過とともに減っていきます。患者様が、強迫観念から強迫行為という悪循環にはまりそうになったら、立ち止まってひと呼吸おいてみましょう。また睡眠や休養等をとって疲れを蓄積しないことが重要です。

 強迫性障害になりやすい人は、ひとつのことを徹底的に追求しようという思いがある人が多いようです。この個性を決して悪いものと考えるのではなく、自分の個性と認識した上で、ストレスをうまくかわせるように工夫しましょう。またゆったりとした生活を送れるように心がけておきましょう。これが再発を防止するポイントです。




千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから