椿森クリニック 診療内容(心療内科の病気と治療法) 全般性不安障害
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア
身近な心療内科、近くの心療内科を目指して

全般性不安障害

症状や特徴 全般性不安障害

不安が長く続いたり、様々な身体症状を伴うことがあるのが全般性不安障害
 不安は誰でも経験しますが、明確な理由がないのに不安を感じたり(または不安を感じる理由があっても、それと不釣合いに強く不安を感じたり)、その不安が長く続いたり、様々な身体症状を伴うことがあるのが全般性不安障害です。

 以前は不安神経症と呼ばれていました。パニック障害との違いとしては、パニック障害が突発的な不安症状の出現が特徴的ですが、全般性不安障害は不安な気持ちや症状が慢性に長く続くのが特徴です。

 全般性不安障害がきっかけとして、何等かの精神的ショックやストレス等が原因となることがありますが、過労や睡眠不足、何等かの身体的な病気の発症等もきっかけとなります。また様々なストレスの中で、本人がわからない間に発症していることもあります。症状としては、持続する不安や緊張、落ち着かない感じ、イライラ、集中力の欠如といった精神的な症状に加え、首や肩こり、頭痛や動悸、息苦しさ、めまい、不眠等の身体的な症状がみられることがあります。

 過度の不安な気持ちが長く続き(例えば6カ月以上)患者様は身体的な病気があるのではないかと、内科や外科等の診療科に受診して診察や検査を受けられますが、異常がみられずに、最後に心療内科や精神科に受診される場合もあります。

当院での治療方針 全般性不安障害

 やはり薬物療法としては、セルトラリン(ジェイゾロフト)やパロキセチン(パキシル)といったSSRIを少量の服用から始めて、少しずつ増やしていきます。効果はすぐには現れないため、1カ月以上の服用が必要な場合があります。また維持的に6か月以上内服の継続をお勧めすることもあります。また抗不安薬も投与も必要な場面があります。

 実際には、薬物療法のみならず精神的な療法を併用する必要があります。患者様自身が不安に思っておられる事柄や事象に焦点を当てた認知行動療法が有効なことがあります。

生活上の注意 全般性不安障害

 まずは病気に対する正しい理解を患者様ご本人だけではなく、家族の方々にも持っていただくことが重要です。特に家族の方から、「あなたなは気にしすぎなのよ」とか、「性格だからしょうがないね」と話すのではなく、病気の正しい理解を共有し、適切な医療機関の受診へつなげていくことが大切です。

 また、不安が消えないとしても捉われすぎに横に置いておくようにして、その間に楽しいと思える趣味を見つけ出したり、前向きでリズムを持った日常生活を送っていくことも重要です。




千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから