椿森クリニック 精神科デイケア
千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック 精神科デイケア

デイケア・ショートケアについて


精神科デイケア・ショートケア 精神科デイケア・ショートケアは、同じ悩みを持った患者様の集いの場です。皆さまが日常生活の中で安心できる居場所であり、リズムを持った生活習慣を取り戻す場です。

 参加される方は、次のような目的をもって精神科デイケア・ショートケアを利用されます。

自立した生活がしたい。

昼と夜が逆転した生活をなおしたい。

日中に、安心して過ごせる居場所がほしい。

友達がほしい。

人との付き合い方を学びたい。

困っていることを相談できる場がほしい。

就労への足掛かりがほしい。




担当精神保健福祉士

椿森クリニックの精神科デイケア

精神保健福祉士の日暮です。精神科デイケア・ショートケアを担当しています。椿森クリニックの精神科デイケアはまだ始まったばかりです。プログラムや実際の過ごし方についても、利用いただける方々と一緒に考えていきたいと思っています。

 また、精神科デイケアルームの中だけではなく、すぐ近くの千葉公園に運動や散歩に行ったり、またスポーツもしたいと思います。いずれにしても、利用される皆さん一人ひとりの体調に合わせ、無理のない範囲で一緒に進めていきましょう。





精神科デイケアスタッフ

椿森クリニックの精神科デイケア

 私たちが椿森クリニックで精神科デイケアを担当しているスタッフです。精神保健福祉士、看護師、看護補助スタッフ、事務スタッフがチームを組んで。皆さんをサポートします。皆さまの日中の居場所づくり、利用者相互やスタッフとの会話を通じた社会復帰への第一歩をサポートしていきたいと考えています。また利用される方一人ひとりに応じた精神科デイケア参加中のプログラム等についても、一緒に考え、一緒に取り組んでいきたいと考えて居ます。

 デイケア・ショートケアは、学校ではありません。年齢の若い方がおられれば、ご年配の方もおられます。女性もおられれば、男性もおられます。利用する方々の病気や体調も一人ひとり異なって様々です。したがって、学校のように、「全員が同じことをやる、やらなければいけない」ということは全くありません。参加する一人ひとりの方が、ご自身の体調に応じて、時間を過ごしていただくことが基本です。そういった中で、デイケアが安心できる居場所、社会復帰の一里塚になればと願っています。

 何回かに1回はみんなで昼食を作ったり、お菓子づくりにも取り組んでいます。食べたい昼食やお菓子もリクエストしてください。また月に1回は、当該月のお誕生日の方を囲んだ誕生会も開催しています。利用される皆さん一人ひとりの体調に合わせ、無理のない範囲で一緒に取り組んでいきましょう。



希望プログラム

 本年4月から、通常のデイケア・ショートケアの中で、希望者を募って下記のプログラムを開催しています。参加は自由です。また「こういったプログラムがあったら参加したい」という内容があれば、スタッフまでお声掛けしていただければと思います。
 参加は当然無料(デイケア利用料の中に含まれています)です。
 皆さんのご参加を、デイケアスタッフ一同、心からお待ちしています。


ヨガ&ストレッチ講座(毎週土曜日)
 外部講師を招いて開催しています。ヨガ&ストレッチ講座は日ごろ運動をあまりやらない方、ヨガ未経験の方、どなたでもご参加いただけるような講座内容で、のんびりと穏やかな雰囲気で行っています。決して無理はせず、動かせる範囲で身体を動かしていただき、運動不足解消や体調改善につなげていきましょう。現在は30分程度のプログラムとしていますが、今後、利用者の皆さんのご希望を伺いながら、時間の延長も考えていく予定です。


ボールペン字講座(毎週月曜日)
 ボールペン字講座は、DVDを見ながらペンの持ち方をはじめ、字を書くときのコツなどを一つひとつ練習していきます。ゆったりとしたペースで進めていきますので、「周りの人のペースに付いていけるかな・・・」などの不安のある方でも安心してご参加いただけます。また、講座以外の時間にも復習ができるように、練習用紙をたっぷり用意してありますので、「字に自身がないな・・・」と不安の方は一緒に練習をしましょう。時間は1時間程度で行っています。


パッチワーク講座(毎週水曜日)
 パッチワーク講座は、沢山あるパッチワーク用の布から、ご自身の好きな柄を選んでいただき、「針山」や「コースター」など初心者の方でも無理なく作成できる物から始めていきます。作成していくペースは、ご自身のペースに合わせて行いますので、針を使ったことがない方でも丁寧にご指導いたします。安心してご参加ください。時間は1時間程度で行っています。


パソコン講座(毎週金曜日)

パソコン講座では、初心者の方でも、パソコンの基本から、ゆっくり丁寧にご指導をしていきます。パソコンをしばらく触っていなくて、入力に不安がある方には短い文章入力の練習から・・・と、ご希望に応じて進めていきます。また、時々、タイピングテストでご自身の練習成果を試す時間を作っています。テストといっても明るく、遊び感覚で行えるものですので安心してご参加ください。また職場復帰や就業を希望されている方には、ワードやエクセル等の活用方法についても説明して一緒に練習していくこととしています。時間は1時間程度で行っています。



デイケア受診(利用)までの流れ

1.ご連絡
いつでも相談してください。ご連絡は当クリニック(043-256-6681)の相談担当である精神保健福祉士(日暮)までご一報ください。
2.相談・見学
精神保健福祉士、看護師が、現在の体調や生活について、お伺いさせていただき、当クリニックの精神科デイケアについてご相談させていただきます。実際の見学も自由です。
3.医師の診察
現在の症状、治療やデイケアに対してのご希望などをお伺いします。
4.精神科デイケア計画
一人ひとりの症状や生活環境に応じた精神科デイケア計画を立案します。
5.スタート
さあ、精神科デイケアを一緒に始めましょう。



FAQ精神科デイケアに関するQ&A(よくあるお問い合わせ)


精神科デイケアとショートケアの違いは何ですか?
精神科デイケアは日中の6時間、概ね午前10時頃から午後4時頃まで実施するものです。精神科ショートケアはその時間の中で、ご都合のよい3時間を選んでいただき、参加していただくものです。

精神科デイケアショートケアを実施しているのは何曜日ですか?
精神科デイケアは、毎週月曜日、水曜日、金曜日に実施しています。また土曜日はショートケアのみ実施しています。土曜日午後0時半から午後3時半までとなります。


利用できるのはどのような人ですか?
当院または他の精神科・心療内科等に通院されている方です。治療は他の医療機関で受けられ、当クリニックでは精神科デイケアのみ利用することも可能です。他の施設(作業所等)やアルバイトをされている方でも、併用していただくことは可能です。


参加費はどれくらいかかるのですか?
診療報酬の再診料と精神科デイケア料(ショートケア料)がかかります。
ただ、健康保険が適用され、自立支援医療制度も利用可能です。


申し込みはどうすればよいのですか?
当院に通院されている方は、野村(院長)又は日暮(精神保健福祉士)までお伝えください。
他の精神科・心療内科に通院されている方は、その医療機関の主治医の先生にご相談いただいた上で、電話等でお問い合わせください。
その他わからないことがありましたら、何でもお気軽にお問合せください。


送迎はあるのでしようか?
当クリニックの精神科デイケア、ショートケアは、1人で通える方が基本となります。
ただ、1人では無理な場合でも、送迎が可能であれば、ご自宅までお迎えに上がります。また終了後にはご自宅までお送りさせていただきます。ただ、距離の関係から、送迎ができる場合とできない場合がありますので、ご相談いただければと思います。


昼食はでるのでしょうか?
精神科デイケアに参加される方は、昼食を提供します。ショートケアに参加される方は、時間が昼食をまたぐ場合には提供させていただきます。ただ、事前に申し込みをお願いします。昼食代は利用料金に含まれますので、別途お支払いただく必要はありません。



千葉県千葉市の心療内科・精神科・メンタルクリニック、千葉モノレール 千葉公園駅徒歩3分。

椿森クリニック

〒260-0042
千葉県千葉市中央区椿森2-7-13

TEL 043-256-6681
FAX 043-256-6682

E-Mail:
info@tsubakimori-clinic.com

24時間予約システム(初診・再診)

ネット予約は現在、一時休止しています。
電話での予約をお願いいたします。



千葉市の心療内科 携帯サイト  携帯サイトはこちらから